VILTROX レンズマウントアダプター NF-M1 ニコン Nikon Fマウントレンズ→マイクロフォーサーズ 新登場 メーカー公式ショップ AF M43マウントカメラ

VILTROX レンズマウントアダプター NF-M1 ニコン Nikon Fマウントレンズ→マイクロフォーサーズ M43マウントカメラ AF

VILTROX レンズマウントアダプター NF-M1 ニコン Nikon Fマウントレンズ→マイクロフォーサーズ 【メーカー公式ショップ】 AF M43マウントカメラ sophossearch.com,M43マウントカメラ,15635円,Fマウントレンズ→マイクロフォーサーズ,/inlet1584199.html,NF-M1,テレビ、オーディオ、カメラ , カメラ , レンズアクセサリー,ニコン,VILTROX,Nikon,レンズマウントアダプター,AF sophossearch.com,M43マウントカメラ,15635円,Fマウントレンズ→マイクロフォーサーズ,/inlet1584199.html,NF-M1,テレビ、オーディオ、カメラ , カメラ , レンズアクセサリー,ニコン,VILTROX,Nikon,レンズマウントアダプター,AF 15635円 VILTROX レンズマウントアダプター NF-M1 ニコン Nikon Fマウントレンズ→マイクロフォーサーズ M43マウントカメラ AF テレビ、オーディオ、カメラ カメラ レンズアクセサリー 15635円 VILTROX レンズマウントアダプター NF-M1 ニコン Nikon Fマウントレンズ→マイクロフォーサーズ M43マウントカメラ AF テレビ、オーディオ、カメラ カメラ レンズアクセサリー VILTROX レンズマウントアダプター NF-M1 ニコン Nikon Fマウントレンズ→マイクロフォーサーズ 【メーカー公式ショップ】 AF M43マウントカメラ

15635円

VILTROX レンズマウントアダプター NF-M1 ニコン Nikon Fマウントレンズ→マイクロフォーサーズ M43マウントカメラ AF

【商品名】
 VILTROX レンズマウントアダプター NF-M1 ニコン Nikon Fマウントレンズ→マイクロフォーサーズ M43マウントカメラ AF

【商品説明】
 ・【VR手ぶれ補正】:ニコンレンズのVR手ぶれ補正機能に対応可能。
・【対応機種】:ニコンFマウントレンズをM43マウントカメラに変換するアダプター。GH4/GH5/GH5S/GF5/GF1/GX9/G9/E-M1II/E-M10III/E-M5/BMPCC 4K/BMPCC/ZCAM E2にAF対応可能。※だたし、連写AFや動画AFには非対応、BMPCC 4K/BMPCC/ZCAM E2ではAFが使用できない、予めご了承ください。
・【電子接点あり】:銅製電子接点が付き、EXIFをサポート。装着後、カメラ側でシャッタースピードやF値、ISOを調整可能。
・【M-Aトグルキー】特別にアダプター本体にM

【サイズ】
 高さ : 6.20 cm
 横幅 : 9.20 cm
 奥行 : 10.40 cm
 重量 : 220.0 g
 ※梱包時のサイズとなります。商品自体のサイズではございませんのでご注意ください。









VILTROX レンズマウントアダプター NF-M1 ニコン Nikon Fマウントレンズ→マイクロフォーサーズ M43マウントカメラ AF

商品を注文してから、すぐに届きました。梱包もなんの問題も無く、とても良かったです。
早い対応と丁寧な梱包に感謝します。ですがティシュケースの上の部分の真ん中あたりに汚れがあり評価を4とします。
早急に対応して頂きありがとうございました。また機会がありましたら是非また使わせて頂きます。
梱包、配達良かったです対応もよく満足です

感性認知脳科学専攻は、人の高次脳機能である「感性」について分野横断的研究と教育を推進しています。

行動科学領域

行動科学領域では、こころの働きおよび脳の機能について、人や動物の行動科学的研究を多角的に進めています。

神経科学領域

神経科学領域では、6 つの研究グループが分子から構造、そしてシステムに至る様々な観点から複雑な神経機能の解明に取り組んでいます。

感性デザイン学分野

感性デザイン学分野は人間のこころに関連した広範な研究課題を多方面から観察し、人間の感性に基づいて、デザイン開発の全プロセスを新たな観点で提案しています。

感性人間工学分野

よりよい製品やサービスのデザインを目指して、脳活動や行動指標による人間の知覚・認知特性の評価から産業応用のための標準化にいたる研究を行っています。

精神機能障害学分野

精神医学的手法・行動科学的手法・心理学的手法・生物学的手法を用いて、病態や障害の解明および対応方法の開発の研究を行っています。

システム脳科学分野

システム脳科学分野には武井・野上研究グループ、松本研究グループ、設楽研究グループがあります。